体質改善

ズボラでもOK!週2でOK!みるみる血糖値を下げる室内でできる「ガッテン流」運動!

「血糖値」40代以上の中高年が敏感になる言葉です。

私も40代に入ってからろくに運動にせずに好きなものを好きなだけ食べていたら、不摂生がたたってHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)血糖値の値が境界値になりました。

今は運動と食事制限でなんとか適正数字を維持していますが、今日「ためしてガッテン」でズボラでもOK!週2でOK!なミラクル運動を紹介していたので私も3か月やってみようと思います!週2でOKって楽勝じゃないですか?

あなたも私と一緒にチャレンジしませんか?

Sponsored Link

実際にどのくらい血糖値は落ちる?

Sさん:運動を始めて3か月で

血糖値142mg/dl(糖尿病)⇒86mg/dl(正常値

体重80kg⇒73kg

9.9mg/dl⇒7.5mg/dl

kKさん:運動を始めて2か月で

血糖値330mg/dl(重度の糖尿病)⇒160mg/dl 血糖値が半分に!

さらに血糖値を上がりにくくすることができるそうです。

この結果すごくないですか?なんでこんなに血糖値が下がるんでしょうか?こんなミラクルが起こせるなんて、いったいどんな運動をしてるんでしょうか?

血糖値を爆下げする「運動」とは?

それは…

「超スロースクワット」

内科医の宇佐見先生が考案した、ボディビルからヒントを得たなるべく短い時間で効果を出すことができる運動です。糖も脂肪もダブルで減らします。(えっ、ダイエットにもよくない?)

なんで血糖値が下がるの?

血糖値が下がるワケ

「スロースクワット」で筋肉の「」を増やすのではありません。筋肉の「」を変えるのです!

筋肉の質の違いとは?

筋肉には種類があります。

赤い筋肉と白い筋肉

  • マグロは赤身…遅筋(持久力の筋肉)脂肪を消費する力
  • タイは白身…速筋(瞬発力の筋肉)を消費する力

なんと、これ以外の筋肉が存在するんです。

遅筋でも速筋でもないスペシャルな筋肉⇒桃色筋肉

桃色筋肉は遅筋(脂肪を消費する力)と速筋(糖を消費する力)の特徴を両方持ち合わせています。この桃色筋肉が増えると糖が減りやすく脂肪が燃焼しやすい体になります。

このすごい桃色筋肉を増やすのが「超スロースクワット」です。桃色筋肉が増えることで血糖値が下がります。

Sponsored Link

超スロースクワットのやり方

出典:ためしてガッテンHP

  1. 足を肩幅より少し広く開く
  2. 手を前にだす
  3. 自然に呼吸をしながら10秒かけて角度90度(できる人は)まで腰を落としていく※前のめりにならないようにお尻を突き出す
  4. 腰を落としたところで2秒我慢し、起き上がる
  5. これを10回1セット×3回繰り返す

★10回⇒休憩⇒10回⇒休憩⇒10回⇒休憩の合計30回を週2回でOK!

※高血圧の・ひざの悪い方、足腰の悪い方は医師にご相談ください

コツ

出典:ためしてガッテンHP

  • ひざがつま先と同じ方向をむくようにする
  • ひざがつま先より前に出ないようにする
  • 背中をまるめない
  • 息を止めないように声をだして数えながら運動する

その他の効果

超スロースクワット」を続けていくと、桃色筋肉がふともも前後おしりにつきます。そうすると糖と脂肪を燃やすだけでなく、日常生活でも効果を発揮します。

  • 階段でが上りやすくなる
  • 動きやすくなる
  • つまずきにくくなる

筋力をつけることで活動的になり、運動能力が上がります。いいことづくめですね!

まとめ

10秒かけて腰を落とすのが早くなってしまいそうですが、外に歩きに行ったり、ジムに通ったり、きついトレーニングを毎日するよりは全然続けられそうです。

だまされたと思って(と先生が言っていました)3か月続けて、糖と脂肪を落としましょう!

血糖値を正常値に、ダイエットも成功目指してゆるーく週2回やってみましょう!

Sponsored Link

-体質改善
-, , , , , , ,

Copyright© 女のアレコレ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.