婚活

【婚活を始めるきっかけ】それは元彼にこっぴどくフラれてはじまった1

結婚イメージ

こんにちは。カレンです。

私の人生の中で一番力を入れていた活動、そう「婚活」。

 

世の中には学生時代の彼と…職場で出会って…などたいして苦労もせず20代半ばで順調に結婚したハッピーな方もいれば、私のようになかなか出会いがなく、様々な苦い経験の後、やっとこさ30代後半で結婚をしたという方もいるでしょう。

 

そう、私は36歳で結婚しました。

世の中の基準で言う「晩婚」の部類に入ります。

 

Sponsored Link

20代前半の私は、結婚なんて誰でもできるもんだと思っていました。

なぜって、まわりの大人(親など)を見たらだいたい結婚していたから。

それを信じて疑いませんでした。

生涯未婚率の推移

私の親の世代と言ったら1950年のあたり。

1950年の男性の未婚率は1.45%、女性の未婚率は1.45%。

 

そりゃ結婚している人ばかりだ。

60代~の人から話を聞くと、適齢期になったら親や親戚から結婚相手を見つけられ、半ば強制的に、義務的に結婚してたそうな。

恋愛結婚であっても一度つきあった人とすんなり時期(20代前半)になったら結婚するのが当たり前だったらしい。

 

かたや2015年の男性の未婚率は23.37%、女性の未婚率は14.06%。

男性は4人に1人が、女性は7人に1人が結婚しない人生を送るということです。

今現在はもっと未婚率は高くなっているでしょうね。

 

そんな勘違いのまま、時が来たらなんとかなるなんて楽観的に考えていて

とりあえず遊ぼう!と、旅行にスノーボードに海にキャンプに飲み会に明け暮れていたあの頃・・・

の自分をぶん殴ってやりたいです。

Sponsored Link

結婚を意識する28歳

28歳になった私は年齢的にも(世間の結婚適齢期から)そろそろ結婚したかったんだと思います。

将来性が乏しい会社で働いていたし、1人で生きていくには不安でした。

 

当時彼(さとし君)がいたのでその彼氏と結婚するものだと思っていました。

 

さとし君とは私が24歳の時に当時働いていた職場で出会いました。

事務をしていた私と、営業のさとし君。

 

職場は婚活にはもってこいの場所です。

★結婚につながる出会いの場所ランキングを分析してみましたのでこちらもどうぞ。

出会いイメージ
出会いがない!結婚相手と出会った場所は?どこで出会えるかランキング!

こんにちは、カレンです。 婚活をしているとぶち当たる問題、   出会いがない。   周りを見回してもこれと言ってピンとくる人はいないし、みんないったいどこで出会ってるの? このペー ...

続きを見る

 

お互い実家暮らしだったので家を行き来したりデートを重ねたりして4年がたっていました。

 

もう4年もつきあっているし、私も28歳になったしそろそろいいんじゃない?

プロポーズしてくれるかな?

 

なんて季節のイベント毎にワクワクして待っていました。

ちなみに当時さとし君は2歳下の26歳でした。

 

それがいつまでたってもそんなそぶりはなく・・・

そんな雰囲気になると話を何気なくそらすさとし君・・・

そんなあいまいな態度にしびれを切らし、ちょっと踏み込んで聞いて見ることにしました。

私の家でまったりしている時にストレートにはっきりと。

 

私「私もいい年だし結婚考えてるんだけど、さとし君はどう思ってるの?」

 

Sponsored Link

思い描いた展開とちがう

2分ほどの長い沈黙の後、決意したようにはっきりと

 

さとし君「カレンとは結婚は考えられない。」

 

ハア?

そこは「ちゃんと考えてるよ」じゃないの?

良い返事を期待していたのに全く見当違いの言葉に、何を言っているのか頭に入らない。

 

 

A君「別れたい。」

 

 

なんて言った?

もう大パニックです。

大好きだった彼の口から信じられない言葉が出てきます。

自然と声が大きくなり、攻め口調に。

 

私「ちょっと待って!」

私「なんでなの?」

私「4年も経つし、うまくいってたんじゃないの?」

 

息がうまくできなくてハアハアしてたのでちょっと怖かったと思います。

血の気が引くというのがどんなことがこの時に知りました。

本当に上半身のからサーっと下半身にかけて冷たくなっていくというか、たぶん顔面は蒼白だったと思います。

 

さとし君「ごめん。もうつきあえない。帰るね。」

 

はっきり理由を言わずサッサと帰ってしまいました。

まだ土曜の昼の2時なのに。

 

その後ワケが分からず携帯かけまくりのメールしまくりです。

さとし君は車で帰っているというのに。(ちなみに家から車で1時間かかります。)

その後電話をかけてみたり(出なかった)メールで攻めたり、泣き落としをしたり、怒ったり、責任を追及したり、超やばい人になっていました。

Sponsored Link

フラれた理由を知る

メール

それから3週間全く電話に出てくれず、メールにも返信をくれず、半ば狂人と化していました。

 

その後は友達に毎日泣きながら電話したり会いに行って夜遅くまで話を聞いてもらったり、お酒をあおり、食事もほとんど食べず、夜もあまり寝れず、それでも仕事には行っていて、休憩時間は給湯室で吐きそうになりながら泣いていました。

 

休みの日は家でじっとしていられず、常にどこかへでかけ、何を思ったか神だのみとばかりに神社やお寺に通ったり、お墓参り(先祖に頼む)をしたりしていました。

 

実は自分でもドン引きなんですが、2週間目の土曜の夜、彼の家に(実家)に行き、彼の車のワイパーに復縁してほしい想いのたけをつづった手紙を挟んできたのです。

(ずっと無視されていたので家にピンポンする勇気はなかった。)

これで返事がなかったら、もう連絡したりこんなことをするのはやめようと思いました。

 

どうなったかというと、次の日に

 

待望のメールが来ました!!!!!

 

 

別れたくなった理由が書かれたメールが、です。

 

 

さとし君「4年一緒にいたけど、最初はとても好きだったけどカレンは自分勝手だった。」

さとし君「自分のことがいつも優先で、俺の気持ちを平気で踏みにじることも多々あった。」

さとし君「それに俺は長男だから将来は親と同居することになるからカレンとは無理だ。」

 

えー。

 

★男性が結婚相手を選ぶ時に重視することとは?

イメージ
結婚相手を選ぶ時に重視したこととは?相手が求める条件は何?逆に重視しない条件は?

こんにちは、カレンです。   結婚って相手がいて成立するものです。 自分がしたくても相手がその気になってくれないと結婚できません。 そして圧倒的に男性主導です。   また、ありのま ...

続きを見る

 

★ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

Sponsored Link

-婚活
-, , , ,

© 2021 女のアレコレ Powered by AFFINGER5